日記◆ 岩手への旅行 往路編(錦秋湖SA)

10月、プログレ君のオフ会に参加するため、岩手まで行ってきた。
 
宮城より北に行くのは、ほんと久しぶり。
出発前、HPに書いていた日記をあらためて見て、
過去の旅(仕事だったが)を辿ってみようと考えた。
 
2001/7/23
・初代エスティマ(4WD・H4)で青森市へ。宮城から北は初体験。
Am9に出てPm6に着いた。(約700km)
いやー、長い長い・・ 仙台過ぎて やっと半分だもん。
福島・阿武隈(うどん)、宮城・志波姫(友達と会った近くなので空気を吸っといた)、
岩手・紫波(給油)で休憩。
青森港に浮かぶメモリアルシップ(青函連絡船「八甲田丸」)を眺めといた。
駅隣接のラビナをのぞいた後、アウガで食事。
レストランの事を警備員君に尋ねた時に、初めて訛りを聞いた。ちょっと感激。。
(ケータイで話してた時だったので、友達にも その声が聞こえたらしい^^)
宿を探すが、どこも満室。当日じゃ無理なのか!?
唯一あったのが、「空調の機械室の下の部屋なら ありますが?」・・というとこ。。
取れなくて 泣きそうになってたので、仕方なく そこに。パークホテルに泊。
入ってみると・・ 今日の四駆エスティマ並みの騒音だな、こりゃ。
百円玉、ローソンでうっかり使っちゃって、見たら3枚しかない・・。
疲れてたから、まぁ よかったんだけど。
部屋の音、「これは雨。雨!」と言い聞かせながら、眠りについた。 {[(-_-)]}
2001/7/24
2001/7/24
・青森市から帰って来ました。
昨日今日と、ずーっと走ってた感じ。合わせて約20時間、1460km!
いやー、それにしても イイねぇ。。初代エスティマは。
乗り味が 今のより高級。前にエンジンがないから、コーナリングも楽しい。
そういえば・・腰も全然痛くなってない。こりゃスゴイ。
燃費は 8.7km/Lぐらい。2.4NAだけど4WDだから、まぁまぁかな?
ちなみに、ラジオが付いてなかった為、孤独感も満喫。
岩手・紫波(給油)、前沢、宮城・長者原(ねむねむ)、福島・安達太良、埼玉・羽生で休憩。
昼食は、岩手の前沢SAで「牛づくし」。SAにしてはおいしかった。前沢牛♪
(イス動かそうとしたら、くっついてんのかと思ったほど重かった。「南部鉄」?)
2002/4/12
・旧ノアで、秋田
へ。(登録&納車)
Am5:15
 まだ暗い 早朝に出発。
Am7:00 上河内SAのカウンターで朝食。
かき揚げうどん500円。ナメた値付けに首を傾げながら食した。原価いくらだよ。
Pm12:00 岩手・錦秋湖SAで給油。
ここ面白い。側道に入ってから1kmぐらい走る。山道をのぼっていく感じなのだ。
湖を見渡せる散歩道が有り、自然をひとり占めさせてもらった。(誰もいなかった)
GSで「きれいな湖ですね」と声をかけたら、岩手っぽいオジサンが
ダムになってて いまは水が多いのだと教えてくれた。それで木が水に埋もれてたのか。
Pm1:30 秋田陸運支局に到着
今までで一番効率悪い陸事だった。(混んでもないのに、ナンバーついたの2時間後)
人間も、あっさりというか 大人しいというか、大阪とは違う感じ。サンプル少ないけどさ。
呼出の女性は声が小さくて、自分が呼ばれたことに気付かず。腹から声出せ。
楽しみにしていた"秋田美人"についても・・天気(着くまでずっと雨)以上に大荒れ。
Pm4:00 通り道にあったTWOTOP秋田店で、3台目のCDコンポ購入。(友達宅直送プレゼント)
Pm5:00 高速乗ってて、ふと燃料計見たら、底ついてるじゃあーりませんか。
急に弱気になり、省燃費ペース(90km/h)に。そのうち、終点湯沢ICまであと2kmの看板が。
おそるおそる走って、なんとかクリア。東京から来て燃料カラなのも失礼なので、500円分入れといた。
Pm5:10 顧客宅に到着したが、留守。Pm5:30頃まで帰って来なくて、かなりあせった。
2km離れた駅から Pm6:03発の電車に乗らないと、東京に帰れなくなっちゃうのです。
Pm5:40 下湯沢駅(湯沢市)まで、帰って来た奥さんに 軽で送ってもらった。無人駅・・。
Pm5:45 心配性セールスマンに納車完了報告TEL。
説明終わって切ろうとしたら、「俺は今度長野行くんだけど、距離どれぐらい?」
「いくらかかる?」「秋田いくらだった?」 ヾ(・・;)ォィォィ
昼食べてなかったから、急いで 駅前のラーメン屋で済ませたいんだよ。ぷるぷる。
Pm5:50 注文したチャーシューメンが出てきた。8分で かっこんだ。
Pm6:03 ボタンでドア開ける電車に乗った。
学生達が、傘を つり革と網棚の間にななめに通して置いてる。
ふざけてるのかと思ったら、いい年したオヤジまでやってる。。 秋田流!?
Pm7:00 大曲駅で秋田新幹線「こまち」に乗り換え。
線路はこの駅で終わってるけど、ここが始発ではない。
「スイッチバック」といって、秋田からここまでは バックで入ってくるのだ。
在来線走る ニセ・・いや、ミニ新幹線。スピード出るのは、東北新幹線と合体する盛岡から。
けっこう混んでるのに、シートを対面させて あし乗っけてくつろいでるサラリーマン、
歩いて何回も通ってたおじさんが 謝りながらシート戻して座ったら ブスッとしてる。
ビールCMのハマコーのようにつまみ出そうかと思った。
Pm10:32 東京駅着。
気がつかなかったけど、新庄に出て山形新幹線、でも行けたようだ。
走行距離が短いから、値段も だいぶ安い。ただ 時間はかかるみたいだから、今回はいいや。
Pm11:59 帰宅。まさに日帰り。

イメージ 1
青森行った時と同じように、阿武隈PAで1回目の休憩。
白河市まで休みなく走ったのか…若かったなオレも。
 
イメージ 2
当時と同じように、うどんを食べる。(山菜うどん・370円)
 
往路のハイライトは、錦秋湖SA。
すごく印象に残ってたんだよね。
イメージ 3
秋田行った時も、宇都宮と岩手(ここ)だけかよ 休憩。無理すんなって。
 
普通に停まっただけじゃ気がつかないんだけど
(てか、もっと案内したほうがいいと思う…今回も行き過ぎてバックしたし)、
このSAには ひっそりと別の入口があって…
イメージ 9
ここ左に入ってくって… わからんだろ^^;
イメージ 4
前から
イメージ 5
後ろから
 
イメージ 6
中に停めて
 
イメージ 7
歩いていくと…
 
イメージ 8
湖を望むことができるのでーす。
 
イメージ 10
展望台には 北側と西側があって、こちらの写真は西、上は北。
どっちも似たようなもんなんだけど、全景を望めないのは一寸残念なところ。
 
展望台までの道(だーれもいない…)、トゲトゲの茶色いのが いーっぱい落ちてて…
イメージ 11
何かなぁ、栗かなぁ?
イメージ 12
でも、ぜーんぶ、ほんとにぜーんぶ 中身が無い…
 
イメージ 13
あとで公園のほうに出てみたら、袋と拾ってる地元民らしきじいさんばあさん発見。
聞いてみたら、やっぱり栗だって。直径5cmぐらいのドデカいのを見せつけられた。
おばちゃんに「探してみたら?」みたいに言われたけど、あんたらが全部とっちゃってるじゃん。。
意地になって見つけたよ、ほら!
イメージ 14
栗っていうのか?これ。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ふつおさん、ありがとうございます。
ここだけは絶対オススメです^^
はい、16:10~17:10なんで まさに夕方です。
ハイウェイオアシスでして お風呂もありますよ~♪

No title

いい! やっぱRaccoさんのレポートは読ませますわ~
錦秋湖も夕方ですかね ええ感じの光で撮れてます。
第2回岩手オフの際はここ来ます!(宣言って…) (^_^;)