車★ 徳大寺有恒先生、死去

7日、自動車評論家の徳大寺有恒先生(本名:杉江博愛ひろよし)が
急性硬膜下血腫のため亡くなりました。享年74歳。
 
ベストセラー本「間違いだらけのクルマ選び」で有名ですが、
自分が最初にそれを手にとったのは、まだ免許を持っていなかった中学生の頃でした。
家で買うクルマを、初代FFカペラにするか アコードにするか レオーネにするか、
穴があくほど レビューを読み返した記憶があります。
免許をとってからも、一年に一回の刊行を楽しみにして ずっとずっと読み続けました。
(雑誌は、初期は「カー&ドライバー」、その後は「ベストカー」を読んでいました)
 
もうかなり前になりますが、仕事中に 渋谷・道玄坂で 先生を見かけたことがあります。
その時は 違うことで驚きました。年齢のわりにとても弱って見えたのです。
糖尿病を患っていたからでしょうか。杖をついていて、歩くのもやっとという感じでした。
だからというわけではないのですが、「ずっと本を読んでいます!」と
声を掛けるのをためらってしまいました。それが、今となっては悔やまれてなりません。。
 
イメージ 1
自動車評論家を夢見た僕にとって、バイブルでもありました
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント