スマホ☆ iPhone6の充電スピード比較(ACとUSB)

iPhone6を PCのUSB端子に接続すると、
データ通信とともに 充電もされるのだが、
体感的に 電池残量の%表示が上がっていくのが遅い。すごく遅い。
 
WEBで検索してみたが、PC接続時の充電速度をテストしている記事は見当たらず。
過去には「ケーブルによる充電スピードの違い」を調べたが、今回も気になるので
計測して、PCからのUSB充電と AC100V充電を比較してみた。
電源:ON
画面:設定画面(自動ロックなし)
Wi-Fi・Bluetooth:ON
 
電池残量49%から充電、
「50%になったら計測開始→51%になったら計測終了」
USB3.02分45秒~3分00秒
USB2.02分43秒
AC100V1分
 
ちょっとちょっと。USB3.0って、900mA流れるんじゃないの?
500mAのUSB2.0より遅いって、どゆこと?
ACだと1Aだから USB2.0で2分前後なら計算が合うけど、
3分近くもかかるのは なんでだ!?
※2つのPCで計ったので、PC側の問題ではないと思います
誰か知ってる人、教えてくださーい!
 
 
イメージ 1
今回の記事とは関係ないが、購入したLightningケーブル(右)が 不良だった。
端子にわずかに触れるだけで充電が切れるのだ。
Lightningコネクタは、30ピンDockコネクタのようなラッチは無いが、
(8本の棒状の接触部分あたりの)側面に凹があり、
これが iPhone6側の端子側面の凸にはまることで 外れにくいようになっている。
この不良品は、純正(左)に比べて 端子部分が約1mm短かったため、
側面の凹が本体端子の凸にはまらず テンション不足で外れてしまう物だった。
立派な値段のするアップルMFi認証品なのだが、油断できんな。はぁ…。
(交換で届いた品は 純正と同じ長さだった)
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント