スバル レガシィツーリングワゴン GT-B S-Edition (4AT・BH5・H15) (12/26)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今年最後のインプレッションは、3代目レガシィ。4WDです。
年式からして、最終型ってとこかな。
最近は流行ってないのかな、ワゴンは。

グリルには「E-tune」のバッジがついている。
装備を見ると、これはE-tuneⅡをベースにした特別仕様車のようだ。
ブレーキ強化(赤いキャリパーがカッコいい)、
クイックなステアリングギアレシオなどが相違点。

走らせると、いじったクルマのような印象。
ステアリングはクイクイ反応する(車速感応から回転数感応に変更されたようで、
そう言われりゃ 初期型B4で感じた人工的な軽さは薄れてたかも…)。
乗り心地もけっこうかたい。うねりではテンテンテンと上下動。
ただ、細かなギャップでは嫌なゴツゴツ感がない。
ビルシュタインのダンパーが、ショックをうまく吸収してくれるんだねー(たぶん)。

ターボの加速感などは、今回は試せなかった。
自発光メーターはキレイで視認性が良さそう。

http://www.fhi.co.jp/news/02_10_12/02_11_27.htm

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント