日記◆ 『沼津港深海水族館』(静岡)(6/19)

ずっと行きたかった『沼津深海水族館 シーラカンス・ミュージアム』。
メンダコちゃんが見たかったんだけど、展示していない時期もあるので…
サイトのTOPに状況が出ているので、いなくならないのを願いながら
毎日のようにチェックしてました。この時期までくると
例年はいなくなっちゃうらしいんだけど、今年は居てくれました!

イメージ 1
泊まった宿から、クラちゃんに載せてきた折りたたみ自転車で来ました。
自転車で来る人なんて誰もいませんw
前日にプログレのオフ会で食事した「丸天」と同じ通りに在ります。

イメージ 10
開館時間の10時に合わせて来たら 既に入館待ちの列ができていて、
チケットを買ったのは10時半。(入館料:大人1600円・現金払いのみ)
日曜日だったはいえ、人気がある場所なんだと感じました。

イメージ 2
早くメンダコちゃんに会いたいな!

イメージ 5
ここ駿河湾は、日本で一番深い湾なんですね!

イメージ 4
深さ2.5kmって、想像もつかないなぁ。。

イメージ 6
水圧はすごいし、ちょっと潜ればすぐ真っ暗、水温も…
イメージ 7
5℃っていったら、真冬だね…。

イメージ 8
水深400mで「ウコンの力」の缶はペシャンコ。
水深800mでオウムガイの殻が割れてしまうのだとか。(潜ってって自爆するのか?)
ダイバーズウォッチも使えないよね…
(人間の潜水記録は332mだそうです)

イメージ 3
基本撮影OK、ただしフラッシュは禁止

すみません、ここからはダラダラと 展示してあった海の生物たちを載せていきます。

イメージ 9
オーネイトカウフィッシュ(水深1~60m)

イメージ 11
ベルベットフィッシュ(水深1~30m)

イメージ 12
ゾウギンザメの卵(水深40~500m)
この形で卵!?

イメージ 13
ヒゲハギ(水深10~100m)

イメージ 14
アカザエビ(水深200~400m)

イメージ 15
セミホウボウ(水深10~100m)

イメージ 16
キホウボウ(水深150~400m)

イメージ 17
チンアナゴ(水深10~20m)

イメージ 18
タラバ?タカアシ?
名前忘れたけど… カニ^^;

イメージ 19

イメージ 20
キング・オブ・カニさん(水深30~500m)

イメージ 21
オキナエビ(水深300~800m)
白っぽかった。

イメージ 22
イガグリガニ(水深200~400m)
オレも、捕獲されるならそんな状態がいいなw

イメージ 23
なんだか女性の身体に見えてしかたなかった、アシボソシンカイヤドカリ
(ヤドカリの顔は向こう側、宿を貸しているのはスナギンチャク)

イメージ 24
ダーリアイソギンチャク(水深300~1000m)
転がりながら移動するのがキュート

イメージ 26
アカクラゲ(水深1~15m)
別名ハクションクラゲ…このクラゲがクシャミするのかと思ったw

イメージ 25
アメリカカブトガニ

イメージ 27
ヒカリキンメダイ
クラちゃんのLED字光式ナンバーみたいな色で光ってた!
(ちょっと ここで謝ることがあります。フラッシュはOFFにしてたんだけど、
デジカメにオートフォーカス補助光ってのがあって それが光っちゃったかもしれない。
ビックリすると水槽にぶつかったりするらしいんだよね。キンメちゃん、ごめん。)

水槽撮影写真はこのへんで終わりです。お疲れさまでした。
みなさん、ついてきてくれてますか…?

イメージ 28
ふむふむ。

イメージ 29
ヌタウナギ
粘液で相手を窒息させるらしい。

イメージ 32
館の目玉
冷凍保存されているシーラカンス

イメージ 33
貴重な物なのねん。

イメージ 34
ハリモグラ
え?モグラ!?

イメージ 30
よく見ると、すーはーすーはー息してる。
(身体が微妙に膨らんだり縮まったりしてる)

イメージ 35
エサ食べてるとこのビデオ

イメージ 31
そういう訳でしたか。

そしてそして、メンダコちゃんです!
もったいぶったわけじゃないけど、紹介が最後になってしまいました。
デリケートなのかなぁ、唯一撮影禁止でした。
イメージ 36
で、メンダコちゃんなんですが、UFOが着地したみたいな状態で全然動かなくて、
30分ぐらい他を見てまわって戻ってきたら まだ同じ格好してましたw
泳いで牛みたいな顔になるところも見たかったな~。

イメージ 37
観終わる頃には さらに混んできて、こんな状態。
(外には、遠足or社会科見学の小学生が大量に並んでいた)

お土産ショップを通らないと 出口にたどり着けないという順路…
会津若松城を思い出してしまった。
イメージ 38
海のダンゴムシ「ダイオウグソクムシ」
体長50cmだから、ほぼ実物大だな。
これは、オレいらない… いや、高いからとかじゃなくて^^;

イメージ 39
いやー、混んではいたけど、1時間ちょい 堪能させていただきました。
普通の水族館だと「あぁ この魚ね、うんうん」みたいな感じで さーっと見て回るんだけど、
ここは 「何これ?何これ?」の連続で また違う楽しさがありましたですよ。

「沼津港深海水族館」は 2011年12月10日にオープン、
年間数十万人が来館するんだそうだ。(一日あたり千人超?)
ここまで本格的とは思わなかったよ。オススメ!


P.S.
この記事を書いてる時に見つけた面白いサイト:市場魚貝類図鑑


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

> eigekaiiさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
ブログ拝見しました。色々な場所へ旅されているんですね。
ぜひいらっしゃってください♪

No title

> ふつおさん
見た目と味って、関連性があるんでしょうか!?
深海魚レストランなんてあったら面白そうですよね?
行かないですけどw

No title

koko行ってみたいですNICE

No title

釣りしてキャッチ&塩焼きor刺身にする奴ですが・・・
深海魚はちょっと食べたくないって思いました(^_^;)

No title

> カープデニムさん
はい、ここは深海魚ばかりで他とは違うんです。
普通の水族館はデートで行きたいですが、
ここはひとりでもすごく楽しめました^^;

カモノハシは日本では見れませんよね、貴重ですね!
カープデニムさんは ドバイとか 海外の色々な場所に
行かれていて、うらやましいです。

No title

沼津に水族館ってあったんですね。知らなかったです・・・
水族館って楽しいですよね。
そういえば昔シドニー水族館でカモノハシみました。