試乗★ ダイハツ ロッキー X(CVT・A200S・R1)(2019/12/18)

ライズ&ロッキー試乗<3>

3回試乗したうちの3回目。初ロッキー♪

諸元や装備はトヨタ版のライズとほぼ同じなので、
クロスビーと比較した<1>を参照下さい。

<1>ライズ1回目(2019.11.25):https://racco.fc2.net/blog-entry-1835.html
<2>ライズ2回目(2019.12.13):https://racco.fc2.net/blog-entry-1843.html
<3>ロッキー ※本記事
参考:クロスビー試乗 (2019.5):https://racco.fc2.net/blog-entry-1714.html

・試乗グレード・
Rocky X (1.0直3ターボ D-CVT FF)
1,840,000円

IMG_2831_1.jpg
外装色:コンパーノレッド
朱色っぽい 鮮やかな赤。
ネーミングの由来は、1960年代にダイハツがつくっていた小型車「コンパーノ」から。

IMG_2830_1.jpg
何度見ても このコンビネーションランプはメカっぽくて好きだわ。
感度高めのオートライト、天気の良い昼間でも 屋根のあるところに入ると即座に点灯。
L375Sタントちゃんのお尻を照らしとるね。

都区内での新車試乗ってのは、自転車で回れる程度の距離だったり、渋滞に巻き込まれたり、
店舗の周辺環境によって違ってくる。だから 同じ車種をリベンジすることもしばしば。
そんな中において、この店の試乗コースは自分のお気に入り。
アップダウンあり、S字コーナーあり、多少の凸凹道あり、片側3車線の幹線道路あり…と、
一度で色々と試せて 大体の印象が掴める、もってこいなコース設定。
ちなみに、クロスビー試乗時のスズキのコースもほぼ同じだったので、比較するにも丁度良かった。

<インプレッション>
・パワートレーン・
印象が良かったのは、ライズを2回試乗した時にも感じた 1Lターボエンジンの力強さ。
クロスビーの1Lターボがなかなかのパワフルさだったもんで、
まずかなわないだろうと思っていたが… ところがどっこい。
同乗セールスの愛車が 同1KR-VETエンジンを搭載している
トール(トヨタ ルーミー/タンクのダイハツ版)とのことで 印象を訊いたところ、
エンジン型式は同じながら ロッキーになってから体感できるレベルで良くなったそうだ。
そう返事が返ってくるのを確信したから訊いたのよ。
ロッキーへの搭載にあたってエンジン自体に手が加えられたのかは調べてないが、
軽くなった車体と新開発CVTが貢献しているように思う。
長年乗った場合のヤレとかはわからんけどね。

IMG_2828.jpg
スズキの店とほぼ同じ試乗コースで、クロスビーより良い燃費を叩き出したぞ。

・乗り心地・
ライズ1回目の試乗車はよほど空気圧でも高かったのかと考えたほど、
揺すられ突き上げで不快になるシーンが今回はなかった。
ただ、脚のいいやつとまでは言えない。普通。
あと、条件の違いがあったことも加えておく。
ライズ1回目は、狭路にて徐行。
今回は、見通しの良い幅広な直線で ある程度スピードに乗っていた。

電動ステアリングの頼りないフィールには依然として不満が残ったものの、
ライズ初回試乗時の泣きたくなる乗り心地がいつでもどこでもじゃないことがわかり、
少しホッとした。

・スマートアシスト・
ライズと合わせて3回走らせて、気付いたことがある。
スズキやホンダなど 他社車種の試乗ではよく発動する、自動ブレーキ制御絡みの衝突警報音。
カーブとかで すれ違う対向車や前方の壁を障害物と検知して ピーピーいうやつ。
試乗中、これが一度も鳴らなかった。
思い起こすと、トヨタとダイハツは 過去の試乗でも鳴った記憶が無い。
過敏に検知しない仕様なのか もしくは検知しても頻繁に鳴らないように調整してあるのか。

・ディスプレイオーディオ・
試乗車には、MOPの大画面9インチディスプレイオーディオが装着されていた。
ダイハツ版は 物理スイッチが付かず静電タッチ式なので、操作性はいまひとつかなぁ。
地図画面を出そうとして思わず現在地ボタンを探してしまったが、
トヨタ版と違い オプションでもナビキットは付けられない。
ナビさせたいなら、スマホオンリー。
ダイハツ版D.A.のスマホ連携は、SDLスマートデバイスリンクの他に
トヨタ版ではオプションとなるAndoriodAutoにも標準で対応するが…
AppleCarPlay(iOS…iPhone)に非対応なのは解せない。有り得ない。
ライズに設定されるD.A.も、トヨタ版ではなく このダイハツ版だ。

DSC02634.jpg
物理スイッチを廃した、フルフラットデザインのダイハツ版ディスプレイオーディオ
(画像:カタログを撮影)

こういうのが増えたのは、フラットパネルのすっきり感を好むユーザーが多いということでもある。
インパネまわりの質感・統一感を重視するならアリかもね。
でも、走行中に細かい操作・凝視が許されない車載ディスプレイデバイスは、
眼で見てしっかり確実に操作できる家庭用機器と同列にして評価はできない。
いずれ音声認識・HUD等の技術が進めば ポチポチ操作を強いられることも少なくなるだろうし、
安全を考えるお国やメーカーも 走行中の操作は極力させない方向へとシフトさせていくだろうが、
今はまだその過渡期だから あたしゃ物理スイッチの有無にはこだわるよ。
その点では、たとえボケ画質だろうがトヨタ版D.A.の方がずっと良い。

DSC02620.jpg
ライズ/ロッキーが採用するダイハツ版D.A.は、メーカーオプション。装着は強制はされない。
ビルトインされて外しようがないトヨタ版D.A.(カローラなど)より選択の自由度は高い。
2DIN規格がベースの設計なので、写真のようなディーラーオプション品からも選べる。
ナビ/オーディオは注文せずに あとから自分の使い慣れた社外品も装着するのもよし。
(画像:カタログを撮影)

・ラゲッジルーム・
IMG_2829.jpg
FFスペアタイヤレス仕様は ボード下スペースがとても広い。
そうとうでかい中華鍋でも入りそう。

<ライズ/ロッキーの総合的印象>
もし友人・知人・通りがかりの人に購入を相談されたとしたら、
触れて動かしてみて 気に入った(気になる部分がない)なら ふつうに薦める。
車種なんでもありで相談されても、その人の生活スタイルに合ってそうなら薦める。
使い勝手を重視してそつなく仕上げた 国内向け車種として歓迎すべき存在。
ライズ/ロッキーは、自分にとってはそんなクルマ。
メディアの “売れまくってます!”みたいな反応は表面的で違和感があるが、
たくさん売れる→需要が多いことがメーカーに伝わる→このクラスの車種が発展充実する…
ようになったらいいな、と期待している。

(ここからは一寸話が逸れます。)
いい意味でドメスティック感がプンプン匂ってくるロッキー/ライズ、
サイズといい性能といい価格帯といい、新興国に持っていったら高評価を得そうな気がする。
インドネシアでは、ご先祖「テリオス」「ラッシュ」の名を継いだ別の新型が
2017年に既に出ている。ライズ/ロッキーは 輸出or現地生産はされないのかな。

近頃の日本車…特に数が出なくなったセダン車などは、
3ナンバー化されたカローラが象徴するように グローバル化の影響を強く受けている印象。
その一方で、東南アジア市場に向けては セダンだろうがSUVだろうが
一昔前の日本車的ディメンション(いわゆる5ナンバーサイズ)の車種が続々と投入されている。
3ナンバーカローラなんかは 欧州版をただ持ってくるのではなく かなり手を加えているんだけど、
東南アジア向け車種を安全性能・質感面を日本水準に引き上げて仕立てるのは
欧州・北米・中国仕様(大型/高級路線)との共通化とはまた違う難しさがあるのかね。

SN3G0825.jpg

SN3G0824.jpg

blog_import_5d623d7951bab.jpg
インドネシアダイハツで生産されている現行タウンエースバン新車のコンビランプ部
合成写真じゃないよ、同じ車体だよ。
スライドドアの閉まり具合が一台一台個体によって違うのも実話。
(2010.3.4撮影)

----------------------------------------------------------------

ここから下は、感じたままを(さらに)好き勝手に書いた個人的感想。
不快に思われる部分があったらごめんなさい。

<デザイン>
Audi A1 Sportbackとの比較
・エクステリア・
rocky_a1_f.jpg

rocky_a1_s.jpg

rocky_a1_r.jpg

・インテリア(コックピット)・
rocky_a1_i.jpg
(画像:公式サイト・A1右H内装のみ どっかの海外サイトから引用)

内外装がアウディっぽいのは、一目見て感じた。
ネット上でも エントリーSUV「Q2」似との感想を散見する。

上の比較で載せた赤いアウディは、A1 Sportback。
Q2より一回りコンパクトで、全長全幅は よりロッキーに近い。
A1には 「シティカーバー」という日本未導入のクロスオーバー版がある。
自分はどちらかというと、フォルム全体ではなく ディテールにおいて、
見た目もサイズ感も A1  Sportback/citycaverに近いものを感じた。
エクステリアでいえば ヘキサゴンなグリル。インテリアでいえば ヘキサゴンなドアベゼル。
(正確に言うと Q2とA1 citycaverのグリルは八角形…オクタゴン)

(また一寸 話が逸れます。)
似ているといえば、最近では ホンダのSUV。
試乗インプレを書いてた時、仕様を調べようとWeb検索したら
“シトロエンD4のパクリだろ” “パクリじゃねーよ!” と喧々囂々だった。
もめるんだよ、ストレートな表現でこの手の発言すると。
自分は それまでD4を詳しく調べてなかったもんで、比較写真を見るまでは何も感じていなかった。
見たら、まぁ たしかに似てはいた。フォルムも ディテールも。
デビュー時から 他のホンダ車とどこか違う雰囲気を持ったエクステリアだと思ってはいたので、
その部分では合点がいった。(ああ、そういう事だったの?)と。
デザインには モチーフってもんがあるわけで、
担当デザイナーが「一切意識してません。キリッ!」って言ってたとしたら、自分は白ける。

ミラジーノ、ムーブキャンバス、ああいうのは わかったうえで乗るから、
たとえダイハツのデザイナーがオリジナルだと主張しても フェイクネタとして受け入れられる。
信号待ちで隣に並んだMINIやVWタイプ2のドライバーに馬鹿にされても 笑顔で返せる。
ロやヴで同じシチュエーションになったら どうだろうね…。
似てるのを知らないで買ったと思われなくないから、目を合わせないかも。

表向きには内製としつつ、著名デザイナーが名を出さないことを条件に手掛ける例もある。
公にされてないから真偽のほどはわからないけど、
ビートはピニンファリーナ、FF初代カペラクーペはジウジアーロ、などなど。
あっちもこっちも同じ所がやってたとしたら 似てるのがあったっておかしくはないわな。
各社車種が流行を追うように同じような部品が同じような時期に不思議と湧いて出てくるのも、
例えばサプライヤーが同じならば パクッたとは言えない。 

中国のハイエースのコピー車には容赦なくツッコミ入れられるけど、
昔の日本車を見たら お前も同じようなことしてただろって言われそうだし、
逆に 日本車の影響を受けた欧米車も少なからずある。
“なんで似てるのか” “なんでこの形なのか”… 興味は大いにあっても、批判する気はない。

----------------------------------------------------------------

<カタログの感想>
トヨタ版ライズの物と並べて眺めると、ちょこちょこ違いがあって面白い。

DSC02628.jpg
表紙には、“5人乗り/1,000cc”とわかりやすく明記。
“4人乗り/660cc”軽自動車が主力のダイハツならでは。

DSC02630.jpg
フロントを強調させたパースで力強さを表現した、これに乗った自分どう?的写真。
(自分どう? そういや、初代RAV4はキムタクだったな…)

ライズのカタログは、仮想家族が笑顔を振りまくイメージ写真が並ぶ。
ファミリー層向けに広告代理店が無難にまとめたようなかんじ。あんま面白くない。
対して ロッキーのカタログは、今時なつくりながら 若い独身男性向け雰囲気で いくらか骨太。
ある時はひとり走りを楽しみ、またある時は仲間を連れてキャンプでワイワイ、みたいなかんじ。

DSC02626.jpg
新技術にも ちびっとだけど触れていて、 エンジニアの情熱が伝わってくる。
ダイハツ開発陣が一生懸命つくりあげたんだから、そりゃ伝えるべきよ。
時代が変わり クルマに対する世の意識も変化したとはいえ、
昔(かなり昔)のカタログみたいに技術自慢の列挙まではしなくていいから、
どこが進化して良くなったのか 載せるべきところは載せてほしい。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント