クラちゃん★ ワイパーブレード交換「BOSCH エアロツイン J-フィット(+)」(1/2・3/5)

前記事(プログレのワイパー交換)からの続きです。

プログレと同様に GXS12クラウンのワイパーブレードも交換。
約4年使用したボッシュ「エアロツインマルチ」から、後継「エアロツインJ-フィット(+)」へ。

フラットブレードの特長として 均一な接地圧による払拭性能などが謳われているが、
トーナメント式の純正ワイパーに比べて 機能面での優位性は特段感じない。
自分の場合は 金属部品が少ないシンプル軽量な設計とデザインが気に入って愛用している。

<クラちゃんのワイパーブレード交換履歴>
2015.12.12 純正ブレード → ボッシュ エアロツインマルチ
2017.1.3~2017.7.3 PIAA VERA eco SILICOAT ※テスト使用
2017.7.3~2017.10.23 台湾CTS トーナメント式 ※テスト使用
2017.10.23~2018.3.25 PIAA VERA eco ※テスト使用
2020.1.2 ボッシュ エアロツインマルチ → エアロツインJフィット(+) 運転席側 
2020.3.5 ボッシュ エアロツインマルチ → エアロツインJフィット(+) 助手席側

DSC02510.jpg
BOSCH AEROTWIN J-FIT(+)
10系クラウンセダン 適合品番
運転席側/助手席側:AJ50(500mm) 楽天「優部品」にて購入 替ゴムA80SR2本付き5317円
リフィール:AJ75R・A80SR

新エアロツインJフィット(+)旧エアロツインマルチの比較>
・エアロツインマルチ・
ボッシュのフラットワイパーブレード2代目。
2005年東京モーターショー展示がデビューかな、発売はその後だろう。現在はカタログ落ち。
品番ごとに ブレード湾曲率が小さいAと大きいBの2タイプがある。
適合表には10系クラウンセダンは未記載、
多くの車種で運転席側A助手席側Bが適合となっているのに倣って その組み合わせにした。
運転席側:AM-50A
助手席側:AM-50B
リフィール:AMR-50・AMR65-SN

・エアロツインJフィット(+)・
ボッシュのフラットワイパーブレード3代目。
エアロツインマルチの後継品。湾曲率は1タイプに統一された。
リフィール:AJ75R・AM80R
(撥水シリコン800mmのAM80Rはアイサイト搭載車使用不可。なんで?)

新旧の違い<1> ワイパーアーム固定アダプター形状
DSC02529.jpg
上:旧エアロツインマルチ
下:新Jフィットプラス
デカくなった。

DSC02513.jpg
上:旧エアロツインマルチ
下:新Jフィットプラス
脱着方法は変更なし。
取付は、アダプターカバーを引き上げて、
ワイパーアーム先端のU字型フックを アダプターのクリップに引っ掛けて挿し込み、
アダプターカバーを戻して 完了。
カバーを大きく開いて作業すると アーム湾曲部に干渉して
ブレードの角度が変わってフックを引っ掛けにくくなるので、
アームとブレードが一直線状になるよう意識しながら挿し込むとスムーズにいく。

新旧の違い<2> ブレード形状
IMG_3785.jpg
上:旧エアロツインマルチ スポイラーのようなL字型形状
下:新Jフィットプラス センターに突起がくる対称形状
右ハンドル車・左ハンドル車どちらにも使えるよう対称形状にしたんだろか?

IMG_3617_1.jpg
左:旧エアロツインマルチ
右:新Jフィットプラス
ワイパーが ボンネットと面一のカウルトップパネルから生えているGXS12クラウンセダン。
運転席からも丸見えで 視界にもろに入ってくるので、形状の違いはよくわかる。
ブレードの高さが抑えられ、アーム固定アダプターは大きくなった。

運転席側だけ先に交換して、約2年使って劣化した助手席側ゴムとの拭き取り具合の差もわかった。
視界はクリア。気分もクリア。

新旧の違い<3> ブレード端部のエンドキャップ位置
ブレード両端のうち、片方は固定 もう片方がゴム交換の時に外すエンドキャップになっている。
右ハンドル車に装着した際、エンドキャップが外周側だったのが 内周側になった。
DSC02530.jpg
上:旧エアロツインマルチ 外周側にエンドキャップ
下:新Jフィットプラス 外周側は固定キャップ

DSC02531.jpg
上:旧エアロツインマルチ 内周側は固定キャップ
下:新Jフィットプラス 内周側にエンドキャップ

新旧の違い<4> エンドキャップのロック方法
DSC02527.jpg
上:旧エアロツインマルチ 
下:新Jフィットプラス 
ロックの解除方法が、つまんで引き上げるスタイルから スライドさせるスタイルに変更。
キャップ自体は固定されていて分離しないJフィットプラス、
ロックが緩めで心もとないけど 経年変化を見越してるのかな。
エアロツインマルチはロックのツメが折れやすかったので、改善されていることを願う。

新旧の違い<5> 湾曲率
DSC02514.jpg
上:旧エアロツインマルチ AM-50A(湾曲率小)
中:旧エアロツインマルチ AM-50B(湾曲率大)
下:Jフィットプラス AJ50

DSC02517.jpg
Jフィットプラスは、旧製品AとBの中間ぐらいの湾曲率に見える。
中古対新品で比較しているので 正確とはいえないけど。。

新旧の違い<6> 製造国
旧エアロツインマルチ:ベルギー ティーネン工場(リフィールのうち、AMR65-SNは日本製)
新Jフィットプラス:本体・リフィールともに中国

新旧の違い<7> 替えゴムの互換性(画像:メーカーサイトより引用)
bandicam 2020-03-04 12-31-45-952
旧エアロツインマルチ:新旧どちらのリフィールも使用可能
新Jフィットプラス:旧エアロツインマルチのリフィールは使用不可
との記載なのだが…

たしかに、形状は違うのよ。
DSC02532.jpg
上:新Jフィットプラス リフィール
下:旧エアロツインマルチ シリコンプラスリフィール

DSC02522.jpg
左:新Jフィットプラス リフィール
右:旧エアロツインマルチ シリコンプラスリフィール
左のJフィットプラスのリフィールのほうが、高さ方向が厚い。

でもね…

2018年4月、旧エアロツインマルチでゴム交換した時に、気が付いたことがあった。
DSC00081.jpg
左:エアロツインマルチ用の替えゴム「シリコンプラスリフィール」
右:エアロツインマルチのブレードに元から付いていたゴム
形状が違うことに気付き、不思議に思って写真を撮った。
シリコンプラスリフィールは 標準リフィールよりも高さ方向が薄くなっていた。

DSC04438.jpg
エアロツインマルチの標準リフィール(ピンボケ…)

DSC02533.jpg
上:エアロツインマルチ シリコンプラスリフィール
下:エアロツインマルチ 標準リフィール

DSC02545.jpg
上:エアロツインマルチ シリコンプラスリフィール
下:エアロツインマルチ 標準リフィール

そして、今回購入した新Jフィットプラスのゴムと 旧エアロツインマルチの標準ゴムを比較。
DSC02540_2544.jpg
旧エアロツインマルチのリフィールは使えないというが、
シリコンプラスリフィール以前の標準ゴムと 断面形状が同じじゃないか。
試しに、旧ゴムを Jフィットプラスにはめてみたら、なんなく挿入できた。
旧標準、旧シリコンプラスリフィール、どっちでもはまる。
ブレードにはまる部分…ゴム上部の工の字型の溝形状が同じだから、はまるのだ。

DSC02535.jpg
同じだよなぁ。。

DSC02557.jpg

DSC02559.jpg
左:旧エアロツインマルチ 標準リフィール
中:旧エアロツインマルチ シリコンプラスリフィール
右:新Jフィットプラス 標準リフィール
よーく見ると、ゴム断面の ガラスに接する三角形部分が、
左の旧標準より 右の新標準の方が 細い三角になってるようにも見える。
メーカーサイトのJフィットプラスの説明に、
「日本仕様に特別開発されたFXラバーは撥水コーティング剤との相性も改良されています」と
記載があるので、全く同じではないのかもしれない。

高さ比較
旧ブレード13mm+旧標準ゴム9mm=22mm
旧ブレード13mm+旧シリコンゴム7mm=20mm
新ブレード10mm+新標準ゴム9mm=19mm
新ブレード10mm+旧シリコンゴム7mm=17mm

ゴム単体比較
旧標準ゴム 幅6mm 高さ11mm
旧シリコン 幅6mm 高さ9mm
新標準ゴム 幅6mm 高さ11mm

・重量・
AJ50:103g ゴム単体23g
AM50:109g(102g) ゴム単体23g(16g)
AM43:97g ゴム単体18g
AM60:142g ゴム単体27g
※カッコ内はシリコンプラスリフィール装着時
旧標準ゴムと新ゴム、重さも同じだなぁ。。

うーん、謎だ…。
エアロツインマルチの替えゴムをシリコンタイプでは薄めに形状変更、これは、
高さ22mmってのが車種によっては問題になって 20mmに抑えたのかも。
Jフィットプラスは ブレードの高さが3mm薄くなったんだし、
エアロツインマルチのゴムを流用できない理由は何だろう?
旧標準ゴムも旧シリコンリフィールも、どっちもいけそうに思うんだけど。

ちなみに、新Jフィットプラスのリフィールにも シリコンタイプA80SRがあるが、
こちらは薄くなることなく ブレードに付いている標準ゴムと同形状だ。

まぁ 旧リフィールは市場にはもうあまり出回ってないし、流用できるか悩むこともない。
でも、フリマサイトで安く出品されてたら買うかも。。

付けたり外したり検証しすぎて、わけわかんなくなってきた。
古いゴムをワイパーに戻して 新しいゴム捨てちゃってたりしてな…。
旧エンドキャップのツメも1ヶ所折れちゃった。
プログレ用では既に折れてたし やっぱ折れやすいんだな 旧キャップ。


-----------------------------------------------------------


P.S.
ボッシュさん、適合表に10系クラウンセダンを載せてくれるのは非常にうれしいのですが、
ツッコませてください。

クラウンコンフォート [S10]
bandicam 2020-03-05 14-53-13-572
ふむふむ。
昔のクラコンはU字型フックじゃなくてボルト留めアームだから適合しないってことか。

クラウン [S10]
bandicam 2020-03-05 14-54-43-660
ふむふむ。

クラウン [S12]
bandicam 2020-03-05 14-55-08-137
なんでやねん!
10系クラウンセダンはワイパーアームもワイパーブレードも全車共通品番だぞ~!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント