トヨタ マークX 250Gリラックスセレクション (GRX130)

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

イメージ 4

2代目になったマークX。

<外装>
・スリークな初代Xに不満を持つお客様の声が反映されたのか、
 ウィンダムみたいなツリ目玉、アコードみたいなテール、グリルの立体的ペケマーク…
 エクステリアは コッテリになりましたな。
・上屋のボリュームが増したので、足元が16インチだと一寸物足りない。
 後日乗った18インチ仕様は フロントがツライチに近かった。
・幅がまたちびっと広がって、クラウンと同じ(1795mm)になってしまった。

<内装>
・乗り込むと、インパネは絶壁気味で圧迫感がある。ちょっと面食らった。
 低く座ってステアリングのチルトがあまり上がらず、というのは初代Xと変わらず。
 エッジをきかせたデザインは内装にも及ぶが、走り出してから気になった所がひとつ。
 メーターフードの、切った爪みたいなラインが目に入ってくるんだわ。慣れかな?
・オド・トリップのスイッチ(タコメーターの左側)が窮屈で押しにくかった。
 平均燃費はボタンでリセット可能になってた。(初代からそうしといてほしかった)
・ブーツ付きのゲート式シフトレバー(四駆系ぽい)、これの質感は気に入った。
・リアシート、セダンにしちゃタイトなのは初代と変わらず。
 ただ、プレミオ・アリオンのようなリクライニング機能が付いていて、
 倒せば まずまず快適かな、と思った。

<走り>
・2.5のV6は相変わらずパワフル。
・ステアリング切ると…少し重め? 手応えが増したかも。
・乗り心地…ここがFMCのハイライトかな。
 粗さとかの未完成な部分をつぶしていって、熟成された感じ。
 ゼロクラウンが200系になったのと似たような変わり方だな。
 初代は 良くも悪くも 地を這うような走りだったんだけど、
 アシが”カタやわらかく”なって 懐が深くなったような印象。

<乗ってみて>
キャリーオーバー的フルモデルチェンジかね、今回は。
メカっぽいコックピット、ステアリングの握りも太くなって、
オトコ向けか?このクルマは。BMWみたい。
初代同様 2.5Lモデルはお買い得なんじゃないかな、
最廉価グレードのFパッケージ(238万円)だと
ディスチャージヘッドランプの設定が無いのが残念だけど。
P.S. リラックスセレクションと 素の250G、2つにわける必要性がよくわからん。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

訪問ありがとうございます

キューブというと、ブルドッグ顔ですかな
初代Xのシンプルさは嫌いじゃなかったんで、今回のは俗っぽくなったと思いました(あくまで第一印象ですけど。。)

プログレと比べると、新しい物の良さを感じます。内装の質感も高かったですよ
プレミオ/アリオン君も気に入ってます、悪く言わないで下さい(笑)

No title

早速お邪魔しましたよww
個人的に、リアのデザインは悔しい感じですね!ホンダのような、キューブの顔のような…
私も乗り込んだとき、「 ん? 」と思いましたね~。スポーティかコンフォートか、まさに足して二で割ったような印象でした。
でもRaccoさん、プログレ様は日本的な上質感の極みみたいなもんですから、わが愛車から比べると充分上質な内装ですよww
どうやら廉価グレードは、新プリウスのLグレード的な位置づけですかね。
しかし、やはり木目調の仕上げは美しいな~ww