プ君★ LEDレギュレーター交換・光軸調整 他

■ LEDレギュレーター(PIAA・H-540) 交換 ■
 
不調だったLEDレギュレーター(ハイフラ防止装置)、
PIAAに送って調べてもらったところ、白サビが発生していたとのこと。
代替の”対策品”が届いたので、昨日交換作業しました。
(対策が、防水に関するものなのか回路設計なのかは不明…)
外箱裏側のシール記号:(旧)KH10→(新)JG01(横に、緑のシールが貼られていた)
 
”ハイフラで富士スピードウェイまで往復”は避けられた…ふぅ。。
電球に戻しておけば治るけど、アンバー球(フロント用)が1個しかなかったもので…。
通販で2個600円ぐらいだったから、T20アンバー球の予備買っておこう。。
 
1.LEDバルブをいったん電球に戻す
2.キーをONさせて、電圧安定させるため5分待つ→電球点滅パターン記憶させる→キーOFF
3.レギュレーターのコネクターをいったん外す→LEDバルブ取付→ハザードで極性チェック
4.キーをONさせて、電圧安定させるため5分待つ→LED点滅パターン記憶させる→キーOFF
5.エンジンかけて、点灯をひととおりチェックして完了
 
湿気対策に ケース接合部分にシリコングリス塗っておこう…と思ったけど、
自分まだシリコンスプレーしか持ってなかった^^; 早く買わにゃ。。
 
 
※フロントウインカーのバルブ交換は、上から手を突っ込んでやりました。
できるはできるんだけど、狭くて いっぱいいっぱいなので、
抜いたり挿したりする時にはバルブの擦れなどにも注意が必要です。
(といいながら、「こんにゃろー!」と 雑に作業)
・スモール灯の中間コネクタを外しておくと、指先が入りやすい
右:やや楽
左:やや難(フェンダーポール用?太い黒コードのコネクタ外しておくと、やりやすい)
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
■ ヘッドライト光軸調整 ■
 
後期型ヘッドライトユニットに交換後の光軸調整、自分でなんとなくはやってみたが、
きちっとやるには、やはり 設備の揃った自動車屋へ…
近所の「M自動車」は平日営業のみだったので、昨日のAMに 父に行ってもらいました。
 
今回は、「日常走行で主に使う下向きのズレをメインで診てもらいたい」とメモで伝えたが、
まず下向き調整して、そのうえで 上向きが車検に合格する範囲に調整してくれたそうです。
車検場周辺のテスター屋でやってもらう値段(1000~2000円ぐらい)に比べると高いけど、
あれって 下向きは紙で覆って上向きだけ調整してるんだよね?(車検に通すのが目的なので)
料金3000円だったけど、それならこの金額も妥当かも。
使用工具は、普通のプラスのドライバー(柄がかなり長いもの)とのこと。
 
※気になった点
”ヘッドライトユニットを交換すると、上向き下向き両方は合わせられなくなる”?
取り付け時にうまく合うようにするのかなぁ?
でも、取付ネジ部は普通の穴だったけど…。
合わなかったのは、右ライト。
上向きで合格ラインにすると、下向きが理想よりも少し下になってしまい、
それ以上は調整できなかったようです。(ローとハイの調整が独立していないため)
左ライトはOKとのこと。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
■ アーシング用マイナス端子ターミナルの取り替え ■
※これも、まだ仮です^^;
 
<今回の問題点>
・ボンネットアースの支点が(手前かつ縦に)変わったので、
ボンネットを閉めるにつれてバッテリーの後ろに落ちていってたケーブルが
そのまま垂れてくるようになってしまった。(それほど問題はない)
・マイナス端子の角度を 純正取付状態よりも縦に曲げたので、
バッテリーのキャップ・側面のガス排出孔を少しふさぎ気味。(あまり問題はない)
 
イメージ 1
デザイン・製作:Tししょー
必死な作業:Racco
 
  
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント